Category

ニュースレター

2022年8月8日兒子先生、福田先生が在外公館長表彰を授与

日本人会のメンバーである兒子先生、福田先生への在外公館長表彰の授与が、8月8日に総領事公邸で行われました。授与の理由は、2020年3月以降の世界規模のコロナウィルス感染拡大に際し、兒子先生と福田先生が最前線でコロナ患者の治療・研究に尽力された事、当地日本人コミュニティへの継続した最新の情報提供、日本人の重症者の対応を丁寧に行って下さった事、などがあります。

 

また2021年10月には、兒子先生・福田先生のご協力で外務省支援の「コロナでも頑張ったあなたへ」副題{現場医師のコロナ最前線情報と日本人芸術家の復活公演}を実施することが出来ました。

続きは、こちらをクリックして下さい。

ワインメーカー/中村倫久さんを招いてワイン会を開催!

昨年11月に続き、日本人会ではカリフォルニアでワインを造っている中村倫久さんをお招きし、7月24日(日)にワイン会を開催しました。

集まったのはワイン好きの16名。中村さんの説明を聞きながら、中村さんが造られた素晴らしい白ワインを2種類6本と、比較の意味でワイン6種類を堪能し、和気藹々とした楽しい会となりました。

中村さんが追い求めるワインは、日本食に合うワイン。カリフォルニアワインの特徴であるしっかりとした果実味を残しつつ、繊細な日本の料理と調和するワインです。

今回提供頂いたのは、ソーヴィニヨンブランとシャルドネ。使っているブドウは、ナパより海岸沿いにあるソノマコーストで、より冷涼な地区。両方とも引き締まった酸が特徴で、それでいて骨格がしっかりしています。とても美味しかったです!

続きは、こちらをクリックして下さい。

2022年度テキサス州日本語スピーチコンテスト

2022年度テキサス州日本語スピーチコンテストは、3月12日午前9時半~午後1時半、COVID-19の影響で昨年の大会と同様にオンラインにより日米協会と総領事館の共催、日本人会、商工会等の協賛で開催された。

本大会には、Austin、Dallas、 Houston、 San Antonioの4地区での地区予選を勝ち抜いた36人の高校生、大学生等が日本語の詩の朗読、自作の俳句、スピーチを発表し日本語力を競い合った。各部門の上位3人には賞状とスポンサーからの副賞が授与された。

日本人会では松本利松先生のご遺志を引き継ぎ、毎年高校生オーロラ部門の日本語スピーチ上位3人に総額1000ドルの奨学金を授与している。

続きは、こちらをクリックして下さい。

田代先生ヒューストン離任挨拶(2022年1月)

グレーターヒューストン日本人会で約2年間お世話になりました田代亮介と申します。私は、Texas Medical Centerで博士研究員として、医学研究のためヒューストンへ2019年10月に参りました。大変短い期間ではありましたが、グレーターヒューストン日本人会の執行委員として、グレーターヒューストン日本人会の活動にも参加させていただくことができました。このたび、2022年1月に帰国することになりましたので、この場を借りましてご挨拶させて頂きます。

続きは、こちらをクリックして下さい。

2022年1月ヒューストン日本人会会長新年のご挨拶

皆様、新年明けましておめでとうございます。年頭に当たり、本年が皆様にとりまして健康で幸多き良い年になることを心からお祈り申し上げます。

2021年もコロナウィルス禍に翻弄された1年と思います。集合型イベントは延期・中止になり、工夫を重ねたインターネットを使っての交流へと活動の制限を余儀なくされていました。しかしながらヒューストン日本人会では決して受け身にならず前向きに、かつ慎重にイベント開催を模索し、10月には外務省支援の「コロナでも頑張ったあなたへ」副題{現場医師のコロナ最前線情報と日本人芸術家の復活公演}を実施することが出来ました。2021年外務省支援のコロナ関連プロジェクトとしては全米最大との事でした。

続きは、こちらをクリックして下さい。

2021年12月7日柳家東三楼師匠ヒューストン落語公演

コロナの影響で日本から落語の師匠はお呼びできませんが、今回は「コロナに負けない落語独演会決定!!」と称してニューヨーク在住の柳家東三楼師匠をお呼びして独演会を開催致しました。師匠は2年前からニューヨークをベースに日本文化としての落語の普及に貢献されています。コロナ対策上United Wayの会議室(80名)の大会場にMax30名と限定版の独演会として静かに楽しみました。

 

ヒューストンの演目は「牛ほめ」「目黒の秋刀魚」中入り後「試し酒」でした。子供さんも居られましたので演目も調整されたようです。ヒューストンでの落語公演は2年ぶりですので落語ファンの皆さまが多く参加されて聞くレベルも高かったのですが、師匠にとっても2年ぶりの観衆を目の前にしての公演でした。やはり目の前で笑って頂く大切さが分かりましたと言われていましたが、お互いにとって落語はやはり生が一番でした。

続きは、こちらをクリックして下さい。

Greater Houston Golf Tour

このたび、日本人会有志が発起人となって新規ゴルフ大会「Greater Houston Golf Tour」が立ち上がりました。
本大会では原則月1回のペースで大会を開催し、男性、女性、シニアの部それぞれでネットスコアで競います。

さらに今大会では自由にプレーするティーを選べるシステムとなっており、選手それぞれが実力や飛距離に応じて無理なく戦略を立てて大会へ臨めます。
ハンディキャップはUSGAオフィシャルハンディキャップを使えるほか、申告ハンディキャップによるプレー(申告ハンディキャップを利用する場合、ネットがアンダーパーになった場合に調整あり)も可能で、3回目の参加からは過去の成績に応じた大会ハンディキャップを用いることもできます。

続きは、こちらをクリックして下さい。

2021年日本人会クリスマス会開催

12月5日(日)、グレーターヒューストン日本人会主催のクリスマス会が2年振りに開催されました。今年の9月頃から日本人会では感染症の医師の指導の下に徐々に参加型の活動を再開し、10月10日にはアジア協会センターでも「コロナでもがんばったあなたへ」のイベントを開催することができました。昨年は苦渋の決断で中止したクリスマス会も、今年は皆様からの強い要望と感染症の医師のご協力で、例年より規模を縮小しての開催となりました。

会場は、恒例の名門カントリークラブPine Forest Country Clubの大ホールでしたが、安全に配慮して300人定員のところ60名を上限としました。クラブの入り口はクリスマスの飾りつけが綺麗に行われクリスマスの雰囲気が非常によく出ていました。会場には綺麗に着飾った子供さん達が楽しそうに入場され親子でクリスマスツリーの前で記念撮影をされていました。11月に着任したばかりの村林弘文総領事と奥様も参加頂き、約60名の方が来られました。

続きは、こちらをクリックして下さい。