2019年日本人会新年会開催

2019 年日本人会新年会開催

1 月 12 日(土)3 時 30 分から、ヒューストン市郊外の望月文化会館において、日本人会の新年会が盛大に開催されました。新年早々の寒波も和らぎ、当日は天候にも恵まれ、過去最高の約 450 名の方が参加されました。

まず日本人会の武智会長より、ボランティアの皆さんへの感謝や干支の亥年にちなんだ話を含む年頭の挨拶がありました。続いて、ご来賓の福島総領事より心温まる祝辞をいただき、鏡割りに続き、ヒューストン日本商工会を代表して小風会長が平成最後の新年を祝った乾杯の音頭を取られました。
会場の望月文化会館は元フィットネスセンターを改装されたもので、広大な敷地に 400 名以上収容出来る会場・お茶室・太鼓道場・空手道場・テニスコート及び広大な庭があります。当日は日本人会のボランティアの皆さんが早くから集まり、餅つきの道具・椅子・テーブルの設営から料理の準備を行いました。
今年もボランティアの女性陣が、つきたてのお餅を手際よくお雑煮、安倍川餅、磯部巻き、あんこ餅などにして、新春の気分を盛り上げました。その隣ではジャパンフェスティバル定番のつくね、唐揚げが振る舞われ、庭園では AGU ラーメン様の「新年特別とんこつラーメン」の製作実演があり、長蛇の列が出来ました。当日は子供たちが約 150 名程来られたので、綿菓子コーナーには行列が出来ました。ダラーショップも開かれ、「安い」と言って大量に購入して行かれる姿がみられました。三和酒類様からはいいちこの試飲会、アサヒビール様からは数多くのビー
ルのご提供があり、和やかムードで会は進行しました。

1 階のメイン広場には臼と杵を設置し、アメリカではもちろん、日本でもあまり経験できない餅つきに、子供たちも大勢参加して、我が子の楽しい思い出を写真や動画に記録していました。また、バーカウンターでは日本のかき氷製造機による本格的なかき氷コーナーが設けられ、ヒューストンならではの 1 月のかき氷を楽しんでいただきました。舞台では、ヒューストンを代表する和太鼓グループ「雷太鼓」による、直径 2 メートルの大太鼓を使った迫力のある太鼓の演舞で、会場は大いに盛り上がりました。会場の 2 階では、日本の伝統的なお正月には欠かせない羽根つきやコマ回しが体験でき、こちらも子どもたちに大好評でした。

イベントの最後は、豪華景品が当たるお待ちかねの恒例福引大会。事前に会員更新された方には特別枠での抽選のダブルチャンスもありました。豪華賞品には ANA 様ご提供の日本往復航空券、ユナイテッド航空様ご提供の米国内往復券 2 枚、各日本企業の皆様や地元レストランから多くの食事券、ギフトカード、ヒューストンロケッツのチケット、お米等が用意されました。
最後は、日本人会の松村副会長の閉会の挨拶と三三七拍子で締めくくられ、本年の日本人会の新年会も盛会のうちに無事終了しました。会場をご提供くださった望月夫妻、当日のセットアップや事前準備にご協力を頂いた多くのボランティア、来賓の方々、福引の賞品を提供してくださった企業および個人の皆様、ご参加いただいた皆様に、この場をお借りして心より御礼申し上げます。

Leave a Reply